閉じる

【徹底比較】競泳ゴーグルの視界の広さ

質問箱からこんなご質問を頂きました。

ご質問を誠にありがとうございます。私たちも皆さんが求める情報がわかって嬉しいです。記事と動画にさせて頂きました。(動画は最後に掲載します。)

競泳ゴーグルは視界が広い方が良いのでしょうか?

それとも狭い方が良いのでしょうか?

競泳ゴーグルの色や明るさはどれぐらいがいいのでしょうか?

これは選手によって意見は大きく変わるのではないかと思います。

「隣の選手の動向をみながら自分の泳ぎのペースを作っていきたい」という方もいれば、「競泳は自分との戦い。だから前だけが見えればよく、横は見えない方が良い」という方もいます。「横方向はどっちでもいいから、前方向は見えるようになって欲しい」などなど、この辺りはどちらがオススメという事はなく、ご自身の泳ぎの中で決めると良いと思います。

「そもそも、どのゴーグルが視野が広いかわからない!」

そんな方に向けてゴーグルの画角を調査しました。あくまでも目安で捉えて下さいね。

メーカーシリーズ横方向進行方向
SWANSSRXやや狭い普通
SWANSsniper広い※普通
MPXCEED広い良く見える
mizunoGX SONIC EYE Jとても広い普通
VIEWBlade広い普通
VIEWBladeF広い良く見える
arenaCOBRA ULTRA広い良く見える
arenaAQUAFORCE SWiFT広い※良く見える
※はカーブ部分でぼやけが発生します。

…というように、結構個性がありますよね。

カーブレンズはカーブ部分がぼやける為、視界が広いとも言い切れない所はあります。

ちなみに進行方向とは、上方向への視界です。これが良く見えるとヘッドアップしなくても良くなるため、フォームが安定して抵抗が減ると言われています。飛び込み時や、泳法(クロール、背泳など)によってはかなり嬉しい機能ですよね。

その調査をした様子の動画は下記にてご紹介

もしよかったらチャンネル登録などよろしくお願いします。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2020 SWIMSTATION(スイムステーション) | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.