アスリート・競泳選手

2019年を騒がせるarena CARBON AIR2 の機能に迫る

ヨーロッパ発の高速水着パワースキンカーボンエア

高速水着とは思えない伸びによる動きやすさと適度な締め付けによって人気を博しました。世界中の競泳選手が愛用しており、多くの方がその継続モデルに注目をしていました。

そんな中で発表されました。

パワースキンカーボンエアスクエア(2はツーではなく、2乗を意味するスクエア)

「こんなに素晴らしいコンプレッション(着圧)を感じた事が無い」

それではその機能説明に入っていきましょう

◆進化1・・・一枚構造の採用

なんといっても大きな変更は上記の一枚布構造になった事

そして、パネルが3つになった事。

一枚布構造による着心地の構造はアルティメットアクアフォースやJakedのJ-katanaでも採用されていますが、どちらもその着心地、動きやすさについての評判は非常に高いのです。

一枚布することは技術的にはかなり難しく、採算性もあまり合わないところはありますが、それでもしっかりと取り入れるあたりは魅力的かなと思います。

さらに、パネルの3枚構造化も、動きやすさをさらに改善するもので、こちらもスイマーの皆さんにとってより自身の泳ぎを促進するものになりそうです。

◆進化2・・・各種機能

  1. 心地よいホールド感
  2. 3枚構造パネル
  3. 肌に近い感覚

arena carbon air は欧州モデルで、高価格帯ではあったにもかかわらず、日本で受け入れられて人気を誇りました。

それほどまでに、着易さと動きやすさのバランスに高い評価が集まったのです。

今回この一枚布になった事によって、着心地が改善されただけでなく、その着心地が改善されたことによって、動きやすさやホールド感を再度見直すことが出来ます。

この変化が非常に大きいのです。

POWERSKIN CARBON AIR2の発売は今の所4月が予定とされています。

ヨーロッパで作られているため高価ですから、発売までじっくり考えてみましょう。

着用された方のコメント、楽しみな方のコメント、ぜひお気軽にお寄せください。

◆Carbon Air2 のプロモーション動画

-アスリート・競泳選手
-

Copyright© SWIMSTATION(スイムステーション) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.