閉じる

競泳選手向け立体型シリコンキャップ比較

こんにちは。今日は競泳の大会でも良く使用されることの多いシリコンキャップを比較していきます。

水泳向けのキャップには大きく分けて下記の4つがあります。

その中でも今回ご紹介するシリコンキャップはその名の通りシリコンで作られており、防水性とフィット感が高い部類に入ります。

シリコンキャップの中にも2枚のシリコンを張り合わせたような平面タイプとあらかじめ立体で成形した立体タイプの2種類が主流です。

平面タイプはデザインの自由度が高く、ロゴや名入れなどにも利用されることが多い。

立体タイプは頭にシワができないため、水流抵抗(数値でみるとほんのわずかですが)になりにくい。

こんな違いがあります。

ひとつひとつ調べてみた所下記のような表となりました。

品番ブランド価格柔らかさ薄さ重さ追記
N2JW8000mizuno¥3,0803(やや柔)普通54g耳まで覆うタイプ
N2JW8001(小)
N2JW8002mizuno¥2,4202(柔らかい)やや薄38gN2JW8003(小)
ARN-4400arena¥2,0901(とても柔)やや薄46g公式大会不可
(ロゴが2つ)
SE11922speedo¥3,7405(硬い)やや厚い100g大きめに覆う
ホールド感が強い
SA-10Sswans¥2,2002(柔らかい)やや薄38gロゴに光沢感
ARN-0900arena¥3,3004(普通)普通50g後頭部にウェーブ
M/Lサイズあり
ARN-0900J(ジュニア)
前の模様が少し複雑
ARN-0400arena¥3,3003(やや柔)普通46g後頭部にウェーブ
M/Lサイズあり
ARN-0400J(ジュニア)
ARN-0900のソフトタイプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 SWIMSTATION(スイムステーション) | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free