先端技術研究をする大学によるPOOLとテクノロジーの融合


昨日2月25日はIAMAS2018という卒論展が大垣のIT集積ビルのソフトピアにて開催されており、

そこでは非常に多彩な研究発表がされていました。

ここでは先端技術を使った様々な研究と発表が行われており

ブロックチェーン、VRなどの今話題のキーワードはもちろんの事

次世代の漫画の見せ方や、地域活性化のための新たなproductも提案がされていました。

そこでは昨年2017年の夏に開催されたPOOL JAM EXPOとIAMASの共同開発がこの展示会でも改めて展示されていました。

ちなみにIAMAS2018でいう、IAMASとは何でしょうか。

このIAMASとは、情報科学芸術大学院大学の略称で、イアマスと言われて親しまれています。

大学名からは想像できそうで、想像できないこの大学ではどのような研究がされているかについてですが、

ここでは次世代の先端技術を積極的に研究し、これからの社会に還元していこうという目的を持っています。

プロジェクションマッピングもいち早く研究に取り組んでおり、今このプロジェクションマッピングの世界をリードする程の第一人者も、この大学の卒業生だったりします。

そのテーマは毎年違ってきており

3Dプリンタ、プロジェクションマッピングから、AI、ブロックチェーンなどなど

新たな技術に対して積極的に取り組んでいます。

2017年の夏、私たちはPOOL JAM EXPOというイベントを立ち上げるにあたって、IAMASと共同開発のお願いに申し出て

小さな小さな会社の挑戦に共感を頂き、共同開発に進むこととなりました。

夜のプールの中を光に誘われながら泳いだら、きっと宇宙遊泳のように楽しめるに違いない

そんな思いから名付けられたアストロプール


Photo by Junya Nihsigawa、Report by IAMAS

結果を見てみると、その世界は宇宙遊泳よりも遥かに幻想的で、魅惑的でした。
(宇宙遊泳をしたことはありませんが。。。(笑))

光が水辺に乱反射して、そしてプール面にも映って無限に広がる光が泳ぐ人を、より深い泳ぎへと誘います。

先が見えるか見えないかという先を、光が妖しくも優しく照らします。

人の動きに合わせてそれぞれのライトは瞬き方を変え、反応してくれます。

水とニューテクノロジーという組み合わせへの挑戦でした。

・ジャイロ(3軸)センサーの導入をし、スイマーが作る波紋よって光を変える
・無線によるコントロールによって、シーンに合わせて光り方を変えていく
・合計120個もの光を同時に無線でスイッチ切り替えをしていく
・光に非常に弱い電子センサーに水の影響を及ぼさないように、耐久性をあげる
・LEDライトを導入しており、7色の表現を自在に出来る。

美しい表現を、技術で下支えする。

私たちは、おこがましくも水泳の世界をもっと面白くするために寄与していきたいし、それが出来るとも思っています。

その為に、共同研究の機会を頂いたIAMASさんとは本当に貴重な時間でした。

IAMASさんが毎年発行しているANNUAL REPORT どれもが非常に魅力的なプロジェクトの中

POOL JAM EXPOのこのアストロプールは、表紙からの見開き3ページというとても多くのご紹介を頂きました。

正式な冊子またはPDFはIAMASさんのホームページでご覧頂きたいのですが、

この読者の皆さまには、この様子をご覧いただけるように、画像でお届けします。

もしよかったらご覧いただき、色んな方にオススメ頂けましたら幸いです。

POOL JAM EXPO IAMAS REPORT


MIHORO

ひたむきに夢を持って前へ突き進む人を応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です