待望の登場・水泳で使えるスマートウォッチspeedo MISFIT SHINE


水泳で使えるウェアラブル端末speedo の MISFIT SHINE(ミスフィット シャイン)

手元に届いてから数日使った感想をこちらに書いていきます。



感想は大きく分けて3つです。

A.仕組み

B.水泳(スポーツ中)での利用

C.日常での利用

A.仕組み

スマートフォンとの連携を前提にしており、スマートウォッチの名に相応しいシンプルなフォルムです。

中に入っている3つのセンサーが手の動きを感知し、自動的に距離計測をしてくれるそうです。

水泳の他に、ランニング、サイクリング、ウォーキングと言った距離計測のスポーツから、テニス、バスケ、サッカーといった球技、ダンス、ヨガと言った本来は計測が難しいものまで。

充電等は必要なく、一回の電池交換で何と4カ月の連続使用可能というスペック。

時計としても一応使用できますが、機能がシンプルにそぎ落とされています。

この4カ月連続使用を実現したのは必要なものだけを取り入れ、必要ないものをそぎ落とした結果なのでしょう。
それがあってこそのシンプルさ、毎日付けていても違和感のない自然さ、着用の楽さがあるのだと思います。

B.水泳(スポーツシーン)での利用


1.スマホでスポーツの種類、プールの距離(25m、50mなど)を設定。
2.スポーツ開始の前にMISFIT SHINEを3回タップ。
3.スポーツ後に3回タップして終了。
4.スマートフォン連携する。

さて、その気になる結果ですが、、、
今回はランニングマシーンで12.6kmランニングした後に、クーリングとして水泳をしたので泳ぎの距離は少なくなっています。

ランニングについては少し計測値が違っていますが、自分の走り方は手の振り方が少し個性的と言われる事が多いだけに、この近似値は驚きました。
ランニングマシーンという、屋内距離計測が非常にし辛い環境下だった中でも計測が出来た事も凄いと感じます。

次に水泳計測(平泳ぎ)
まだデータとしては少ないとは思いますが、それでも今の段階では結果ぴったり200mでした。

C.日常での利用

非常にシンプルなフォルムである事から、私自身は寝る際の着用もそれほど気になりませんでした。
外すのはお風呂の時ぐらいです。普段から着用する事で、日常ログを取る事が出来ます。


※スーパー内の買物で歩いた距離、駐車場から目的地までの距離なども計測してくれました。
これはタップしなくても計測してくれるみたいです。

睡眠ログ

着用したまま寝ることでレム睡眠とノンレム睡眠を記録してくれます。
本当、どんな仕組みなんでしょうね。

さらに、お友達とどれだけ運動したかを競う事も。

※今はMr.Fitという男性平均のログしかお友達がいませんが…(笑)

—–

いかがでしたでしょうか。

ランニングではGPS時計などが沢山発売され、スマホでも気軽に距離計測出来るようになって、走る楽しみが増えました。

ですが、水泳ではGPSを使う事が出来ず、こういった商品開発は難しいと思われてきましたが、それでも水泳する人の事を思って、こうして生まれてくる魅力ある商品を応援したいと思います。

距離計測がどれだけ正確かについては、まだこれから色々試していこうと思っています。

今回の計測は平泳ぎでしたが、他の泳ぎだったらどうなるか。
トレッドミルで走ったのですが、角度を付けたらどうなるのか。

そういった事を試していく意味でも楽しみで、可能性の感じる魅力ある商品です。


MIHORO

ひたむきに夢を持って前へ突き進む人を応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください