妄想派?練習派?みんなは泳ぎながら何を考えてる?


水泳をしている時間は、誰かと会話するでもなく、景色はずっと床です。

どのスポーツよりもひたすら自分と向き合うスポーツというのが、水泳です。

みなさんは泳いでいる間は何を考えていますか?

そんな事をtwitterのアンケート機能を使って取ったことがあります。

その、冒頭の答えですが・・・

1。色々な想像(妄想)・・・37%
2。無心で泳ぐ・・・35%
3。泳ぎ方について・・・21%
4。試合・大会本番のこと・・・7%

ずっと続くかのようなその時間、想像以上に多くの人が無心、または(日常やこれからのことなど、いろいろと)想像をしながらで泳いでいるという結果。なかなか面白い結果ですよね。

さて、ここでこの先で続けて書いていくのは、3番目に多かった泳ぎ方について

水を掴む腕の動かし方、体の位置への意識、水を蹴り出す向き、指先に至るまで神経を研ぎ澄ます手の入水

徹底的に研究し、そして頭の中で考える理想と、体の動きを一致させていく。

泳ぐ時間の大半でそんなことばかりは流石に考え続けるのは大変でしょうが、その自分との答え合わせをしながら泳ぐことは大事です。

水泳用品には、筋力を鍛える目的のものはもちろん、頭の中の理想の泳ぎと体の動きを一致させるために作られたものが数多くあります。

そんな水泳をする方にお届けしたい水泳用品、それぞれの目的やメリットを簡単にご紹介していきます。

・抵抗増による腕力強化(ストロークメーカー

もっとも使われているパドルと言っても過言はないストロークメーカー、多くの水泳施設や学校で採用されている事実が物語る実績

・指先と手の意識(TYRメンターパドル

ストロークメーカーの開発者が作った、手に馴染ませるようなパドル

やや柔らかくたわむこともあって、手に馴染みやすく手のひらでの水を掴む感覚を得る際に使いたいパドル

・腕周りの意識(MPテクニックパドル

腕周りの意識を高めることで手を強制し、腕で水を掻く感覚を鋭敏にさせます。改めてフォームを改善したい初心者から中級者の方にもオススメしたいパドルです。

・キック力の向上とキックの打ち方の意識(ハイドロテック2フィン

足ひれをを着用すると、その泳ぎの速度や世界が全く変わリ、その分の脚力をつけることが出来るようになります。

最近フィンスイマーで有名な方の話をtwitter上でよく参考にさせてもらっているのですが、フィンの世界では体の動きを意識することが非常に多いのだと感じさせられます。高速に泳ぐ世界で、泳ぎを改善してみましょう。


MIHORO

ひたむきに夢を持って前へ突き進む人を応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください