閉じる

気軽に楽しめる・みんなで水泳観戦を楽しもう。

1月28日、29日は東京へ

ふたつの水泳大会を見たくて、それが一番目的の遠征です。

まず最初に向かったのは

フィンスイミングの日本代表でもある柿添武文さんがtwitterで広報されているのを見て

「これは行きたい!」

と、急きょ予定を入れ替えて向かったのです。

◆フィンスイミング大会観戦

場所は千葉国際総合水泳場で開催されている関東オープン大会

駅から近い。千葉国際水泳場

このフィンスイミング、私は残念ながらあまり詳しくないのですが、

体育会TVというテレビ番組の影響で競技人口が増えたそうで、今後まだまだ人気の可能性を秘めています。

大学でもフィンスイミングの部活が増えているようです。

私もフィンスイミングについてはまだあまり知らないなりに、一度みて感じた楽しさを伝えたくて、ブログでさわりだけでも書いてみます。

フィンスイミング大会には大きく分けて二つのフィン、ビーフィンとモノフィンがあります。

・ビーフィンという、片足ずつに着用するタイプと

・モノフィンという、両足を揃えて着用するタイプ

どちらもそれぞれの違いと魅力があるようですが、モノフィンのスピード感が中々に面白い!

そのスピード感の秘訣は、そのフィンの大きさ

ブレード幅が非常に大きくキック力次第で物凄く進むのが印象的です。

その大きな幅のフィンを振り切るには、どれぐらい脚力や体幹が必要なのでしょうか。

大会を見ていると、次々と日本新記録が樹立されていきます。

これだけでも楽しかったのですが、会場の解説が非常に丁寧で分かり易い。

知らない人に対してもちゃんと説明をして、魅力を伝えようとしている姿がなんとも凄いと感じたのです。

これから普及していくスポーツでもあるフィンスイミングの魅力をしっかりと感じてきました。


◆KOSUKE KITAJIMA CUP 2017

そして、その後は池江璃花子選手の日本記録更新、渡辺一平選手の世界記録更新がニュースをにぎわしている

東京辰巳国際水泳場で開催されたKOSUKE KITAJIMA CUP 2017に行ってきました。

数年ぶりに辰巳に来たのもあって、結構のりのりです。

辰巳に、きたー!

リオオリンピックのメダリストも出場する大会ながらも、入場無料というなんとも嬉しい大会

会場に入って観客席を陣取ります。

そして座った少し離れた観客席からも、しっかり伝わってくるような鼓動と、各世代の選手たちの挑戦への熱き思い

文字通り会場の熱気はかなりのものでした。

次々と始まるレース

各世代のスイマーが集う大会

もちろんそこに妥協なんてありません。

その熱い試合を見ていると、こちらまでも勇気を貰います。

水泳の試合観戦というと今までテレビばかりでしたが、今回現地に行って応援することで本当に色んな発見がありました。


◆水泳観戦に行くために

どんなスポーツでもそうですが、会場に行くと、その緊張感や会場の一体感、空気感が違うからこその楽しさがあります。

日本は、オリンピックでもメダル獲得が期待されるほどに水泳大国です。

かなりお値打ちな入場料(無料も数多くあります。)様々な大会でオリンピック出場選手を見る事も出来ますので、一度で良いので、観戦してみて欲しいのです。

気にすることは下記です。

  1. 一般入場の可否
  2. タイムスケジュールの確認
  3. 最低限のマナー

1.一般入場の可否

一般の人が観戦できる大会と、一般の人が入場できない大会があります。

一例を並べてみます。

大会名時期どんな大会?一般入場入場料
日本選手権4月国内最高峰の大会チケット制2000円~
4000円
ジャパンオープン5~6月国内でトップクラス選手が集う大会チケット制2000円~
4000円
マスターズ水泳大会9月18歳以上の競技登録者入場可能無料
国民体育大会(国体)9月47都道府県で開催されるスポーツ祭入場可能無料
インカレ9月国内の学生選手が集う大会チケット制2000円
(2020年以降のコロナ禍により、観戦可否の状況は変わっていますので、各大会のHPなどで確認してください。)
※競技や大会によって変わります。

2020年のコロナ禍以降、状況は随時変わる事が予想されます。詳細は基本的にHPで再確認してください。

2.タイムスケジュールの確認

水泳は限られた場所を使う競技という事もあって、タイムスケジュールに沿って進行していきます。

その為、希望するレース(特定の競技者)を応援するためには、タイムスケジュールを確認する必要があります。

このタイムスケジュールはHPなどに基本的に掲載されていますので、各HPにてご確認ください。

3.最低限のマナー

多くの人が集まる場所ですから、基本的なマナーを意識しましょう。

有名な選手が会場には当然いますが、選手は競技に集中することが第一ですから、変に騒がない事も大事です。

また、競技大会によって撮影の可否も変わりますので、各競技大会のHPや要綱などを確認して、マナーを守って応援しましょう。

その他に、こんな用語を知っておくと良いという言葉も以前、記事に書きましたので、ご参考ください。

水泳関連用語を知ってもっと楽しもう(観戦編)


気軽に楽しめる・みんなで水泳観戦を楽しもう。」に1件のコメントがあります

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 SWIMSTATION(スイムステーション) | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.