閉じる

気になる。トップ水泳選手が選んだ競泳水着はどれだ!?

先日(2014年の記事)、日本選手権水泳競技大会が開催されていました。

レベルの高い日本の大会は日本内のみならず世界からも注目度が高く、トップクラスの選手が着用している水着やゴーグル、ついつい気になる方も多いはず。

今回はそのうち分かっている水着などをご紹介。

(※当店調べの為、公式発表ではありません。万が一の間違いはご容赦ください)

先ず気になったのが、arenaの選手が着用していた水着の多くはAQUAFORCEインフィニティだったのですが、その中でも気になったのがカラー

アクアフォースインフィニティはBLK(黒一色)、BKPY(ブラック・ピンク)、BKBU(ブラック・ブルー)が現行発売されているカラーです。

ですが、選手によっては上記以外のカラーを着用していました。

詳しく調べてみると、アリーナのカスタムオーダーを活用している事が分かります。

北島選手は爽快なブルーと力強いレッドの組み合わせが特徴的でした。

アクエリアス(コカコーラ)と契約しているからなのかなとか、勝手に予想していました。

入江選手は実はアクアフォースインフィニティではなく、海外アリーナ発売の日本では発売されていない高速競泳水着を着用。

この高速水着は海外でも注目の高い水着ですが、日本で入手が出来ないのがちょっと残念です。

立石選手はアクアフォースインフィニティ、ブラック×ピンクのものを活用していました。

ブラックとピンクの組み合わせはオシャレなのに力強さを感じさせてくれる不思議な組み合わせです。

その他にも古賀選手は同じくインフィニティで、ブルーとグリーンの組み合わせでした。

そして冨田選手はネイビーとレッドの組み合わせで、やはりアクアフォースインフィニティでした。

次にアシックス

アシックスの高速水着を選ばれた今年の日本選手権の着用品番は主に、
【女子】 ALS528
【男子】 AMA527

といったように選ばれているようです。

有名選手で例をご案内すると

例鈴木聡美選手(ミキハウス・アシックス契約選手)
ALS528(TOP iMPACT LINE 「CF-1 NEO」)

清水咲子選手(日本体育大学・アシックス契約選手)
ALS528(TOP iMPACT LINE 「CF-1 NEO」)

藤森太将選手(ミキハウス・アシックス契約選手)
AMA527(TOP iMPACT LINE 「CF-1 NEO」)

今井月選手(本巣SS)
ALS528(TOP iMPACT LINE 「CF-1 NEO」)

水着が分かるとゴーグルも気になる物

上記の選手に圧倒的に支持されていたのはAGL-130(AQUAFORCE SWIFT)

北島選手はPWNカラー
入江選手はどの色かわからなかったのですが、入江選手のツイッターを見ていたらベルトのみをブルーに変更しているとの事でした。
という事で、入江選手は基本カラーはSSMKですが、ベルトがブルーへの変更。色へのこだわりを感じますね。
立石選手はPLVカラー
冨田選手はSSMLカラーとOCLカラーを使い分け

古賀選手はAGL-160というCOBRAシリーズを使っていて、SLSWカラーでした。

さて、今回皆様にとって気になる選手の情報はお届け出来たでしょうか。

あの選手と同じアイテムで、今年の全国大会に挑んでみてはどうでしょうか?

その他の選手については、判別が少し難しかったため、保留させていただきました。

何かの参考になれば幸いです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2020 SWIMSTATION(スイムステーション) | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.