asics高速水着RAiO2(ライオシリーズ)はどんな水着?


—asics 公式プレスリリース引用 —

モデル:鈴木聡美選手(ミキハウス所属) 今井月選手(豊川高校所属)

 

これらの商品は2018年 1 月以降の各大会で契約選手も着用する予定です。

今回発売する水着は、「 CORESTiNGER (コアスティンガー)」が開発コンセプトで、レースのスタートからフィニッシュまで、スイマーの姿勢を一直線に保ち流水抵抗の低減をはかっています。股関節から膝に向かって内側に傾斜を付けた独自のパターン設計と、股下部分に張力の働く素材を細いライン状にして配置した構造となっており、脚が閉じた姿勢をサポートします。

腰まわりは、異なる剛性を持つ生地を適所に配置し、骨盤にかかる着圧分布を調節し、腰を高い位置に保ちやすくしています。また、不快に感じにくくするため切替部分のパーツを減らしています。これらの機能により、特に後半からラストにかけてのスピードを維持しやすくなります。

 

○ 使用している素材(すべて織物)

素材名 特徴 採用部位
STiNGERskin - HD
(スティンガースキン HD )
流水抵抗を低減する姿勢をサポートする低伸縮性の素材。 前身頃、股下
STiNGERskin - d1
(スティンガースキン d1 )
やわらかい着心地が得られる高伸縮性素材。1枚の生地の中で異なる伸縮特性を持ち筋肉のブレを抑制する。 肩、脇部
STiNGERskin - d2
(スティンガースキン d2 )
適度なホールド性がある素材。1枚の生地の中で異なる伸縮特性を持ち筋肉のブレを抑制する。 脇部

 

○ 商品仕様(すべてFINA公認モデル)

≪ 女性用 ≫  品名:どちらも「TI W ‘ Sスパッツ」

モデル名 タイプ 品番 価格
RAiOglide2 着心地の軽さを好むスイマー向け ASL505 34,000 円+税
RAiOstream2 しっかりとしたホールド感を好むスイマー向け ASL506 34,000 円+税

≪ 男性用 ≫  品名:どちらも「TIスパッツ」

モデル名 タイプ 品番 価格
RAiOglide2 着心地の軽さを好むスイマー向け ASM505 23,000 円+税
RAiOstream2 しっかりとしたホールド感を好むスイマー向け ASM506 23,000 円+税

 

カラー:
ASL505 / ASM505  ブルースティール
ASL506 / ASM506  ブラック

素 材:
RAiOglide2
身頃 / ナイロン 80 %、ポリウレタン 20 %
肩・脇部 / ナイロン 71 %、ポリウレタン 28 %、ポリエステル 1 %
(男性用は脇部のみ)
裏地 / ナイロン 80 %、ポリウレタン 20 %

RAiOstream2
身頃 / ナイロン 80 %、ポリウレタン 20 %
脇部 / ナイロン 66 %、ポリウレタン 22 %、ポリエステル 12 %
肩 / ナイロン 71 %、ポリウレタン 28 %、ポリエステル 1 %
(肩部分は女性用のみ)
裏地 / ナイロン 80 %、ポリウレタン 20 %

生産国:中国

— 以下、 MIHORO がまとめた記事 —

さて、ここからは私たち MIHORO で必要な情報を精査して、表にしてまとめなおしてみます。

名前 RAiO glide 2 RAiO stream 2
カラー ブルースティール ブラック
イラスト
イメージ
raio22.jpg

品番
(女性/男性)
ASL505ASM505  ASL506ASM506
プレスリリース
上記着用選手
今井月選手 鈴木聡美選手
着用タイプ 着心地の軽さを好むスイマー向け
(つまりやわらかめ)
しっかりとしたホールド感を好むスイマー向け
(つまり固め)

 

RAiO2は、裏面にこんな感じのパワーメッシュがついて、サポート力がアップしました。

お分かりのように、初年はそれぞれカラーが違う展開になります。ブルーを着用していたら glide 、ブラックだと stream という感じです。

アシックスは水泳だけでなく、陸上でも全てのスポーツでトップインパクトラインという、姿勢の安定、骨盤の安定によって高いパフォーマンスを得るという理論のもとに、様々なスポーツで結果を残しています。

レーザーレーサーなどの衝撃の後に、高速水着に様々な制限を設けられ、そのあとに真っ先に抜け出したのは、このアシックスの理論によって生まれたトップインパクトラインシリーズでした。当時は着用率が過半数を超える程でした。

特に女性の着用率の高さは、文字通り群を抜いていました。

高速水着への感覚は人によって違うと思いますので、あくまでも参考ぐらいにして頂ければよいのですが、アシックスは高速水着時代になっても、比較的着用のしやすい高速水着が作られ続けています。

しなやかな動きを出来る選手が、その動きを存分に使えるような構造です。そこに骨盤を安定させることで、さらなる泳ぎを助けてくれます。

少しでもきつく、小さく着用するという時代の流れはとっていなかったため、実際のサイズよりも小さめのサイズを着用すると破断しやすいという問題もありました。

これは耐久性の問題ではなく、それぐらい繊細に、泳ぎ易さに合わせて作られているのです。

 

RAiO シリーズの特徴

・足を外側に開きすぎないような構成

・比較的着用しやすく、動きを妨げない

・骨盤の安定により姿勢の安定、効率的なキックをサポート

 

しなやかな泳ぎをするタイプのスイマーには非常に相性の良い水着ではないしょうか。

着用された皆さまからの感想もお待ちしています。

先行発売が年内(かなり限定少数)

本格発売は2018年の2月からです。

どちらにしても数はかなり限られることも想像されますので、アシックスの高速水着との相性の良い方は、早めがおすすめです。

MIHORO 今村裕司


MIHORO

ひたむきに夢を持って前へ突き進む人を応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です